> > 世界最大級の超電導フライホイール蓄電システム 実証機が完成、テスト開始

世界最大級の超電導フライホイール蓄電システム 実証機が完成、テスト開始

 印刷 記事を保存

JRグループの研究機関、鉄道総合技術研究所(鉄道総研)などは15日、次世代の大容量蓄電システムとして開発を進めてきた、世界最大級の「超電導フライホイール蓄電システム」の実証機が完成し、試運転を開始したと発表した。

今回完成した実証機は出力300kW、蓄電容量100kWhで、内蔵したCFRP(炭素繊維強化プラスチック)製の大型の円盤「フライホイール」(重量4トン、直径2m)を、最高6,000回転/分で超電導磁気軸受により回転支持することで電力を蓄電するシステム。超電導磁気軸受を用いたフライホイール蓄電システムとしては世界最大級。また、本システムの超電導磁気軸受は、世界で初めて回転軸側と軸受側双方に超電導材を使用しており、コンパクトサイズで大荷重を支えることを可能とした。

(※全文:655文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.