> > 省エネ製品・サービスは登録しないと損?! 「九州エコライフポイント」

省エネ製品・サービスは登録しないと損?! 「九州エコライフポイント」

記事を保存

大分県は、今夏の家庭での省エネ活動への参加者を募集すると発表した。家庭での節電や省エネ製品の導入に取り組んだ者には「九州エコライフポイント」を交付する。ポイントを集めると県内のポイント取り扱い店で買い物をすることができる。参加者の募集期間は2015年5月1日(金)~7月5日(日)。

節電や省エネ製品の購入でポイントがもらえる制度

「九州エコライフポイント」とは、九州7県や企業、経済団体等で構成する「九州版炭素マイレージ制度推進協議会」が、九州における低炭素社会の実現と地域の活性化を目指し、電気使用量の削減活動や環境保全活動への参加者や省エネ製品の購入者に九州各県の取扱店で使用できるポイント券を交付する制度。

節電期間は2015年7月~9月。募集世帯数は九州全体で6,500世帯。

節電によるポイントの交付には、各家庭ごとに「電気使用量のお知らせ(検針票)」を提出する必要がある。節電した期間の検針票を3ヶ月分(7月分~9月分)提出した者には全員に500ポイントが交付される。さらに、前年同期と比べ削減率が10%未満ならば200ポイント、削減率が10%以上ならば300ポイントを加えて交付される。

九州7県内のローソン・イオン・マックスバリュ・道の駅や、提携店舗などでポイント券を使用することができ、たとえば大分県では、以下のような店舗でポイント券が使用できる。

  • 大分県内の「道の駅」15か所
  • 新鮮市場
  • 菓子処へ屋傳六
  • 中津からあげ傳六菴
  • ローソン
  • セブン-イレブン(一部の店舗を除く)
  • イオン九州
  • マックスバリュー九州
  • クロネコヤマト美味紀行
  • クロネコヤマト快適生活サポートサービス

さらに、参加者の中から抽選で九州各県の特産品(フェリーさんふらわあペア券、ウニ、牛肉、馬刺し、焼酎など)が当たる。

ポイント付与製品・活動も募集中

同協議会は、ポイント付与対象の省エネ製品も同時に募集している。募集期間は2015年4月20日(月)~5月22日(金)。同協議会に認定された製品の購入者には、「九州エコライフポイント」のポイント券が交付される。

応募できる企業は、九州内に本社を有する企業または九州内に工場を有し、その工場で対象省エネ製品等を製造加工する企業など。対象となる製品は、省エネ製品等のCO2削減量が定量化できるもの。

同様に、ポイント付与対象の「環境保全活動」も募集している。募集期間は2015年4月20日(月)~5月22日(金)まで。

九州内で活動する企業・団体などが実施する環境保全活動に参加した住民にも、「九州エコライフポイント」が付与される。1回の活動当たり20,000ポイントを上限として、主催団体のメンバー以外の活動参加者1人当たりに、100~500ポイントのポイントが付与される。ポイント数は活動内容によって異なる。

活動内容は、植樹・間伐・下草刈りなど、森林の育成・保全につながる活動か、清掃活動など地域環境の美化・緑化につながる活動、もしくは地球温暖化問題についてのセミナーの開催など、低炭素型ライフスタイルの促進につながる活動であることが求められる。

九州7県内に所在地を有するNPO法人や任意団体、企業などの環境保全活動を行う団体が応募できる。参加者数がおおむね30名以上見込まれる活動であること、2015年7月1日から2016年2月29日までに実施される活動であることに加え、企業以外が応募する場合は活動実績が3年以上あることが条件だ。

【参考】
大分県 - 「九州エコライフポイント」夏の節電参加者等の募集について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.