> > 静岡県も小水力発電の導入可能性調査・設備導入に補助金 最大3000万円

静岡県も小水力発電の導入可能性調査・設備導入に補助金 最大3000万円

記事を保存

静岡県は、小水力発電・バイオマス熱利用設備の導入可能性調査と小水力発電設備の導入に対して助成する制度を創設し、公募を開始する。これは「ふじのくにエネルギー地産地消推進事業費補助金」として行われるもの。

補助対象事業

(1)可能性調査事業

小水力発電設備またはバイオマスエネルギー利用設備の導入に必要な計画の作成や調査を行う事業

※バイオマスエネルギー利用設備の導入想定設備

メタン発酵ガス発電・木質バイオマス発電・廃棄物発電設備、バイオマス熱利用設備

(2)設備導入事業

出力100kW以下の小水力発電設備を導入する事業

補助対象者

市町(政令指定都市を除く)、中小企業者、非営利団体など

補助率・上限

  • 補助率
    3分の1以内
  • 上限
    可能性調査事業300万円、設備導入事業3,000万円

事業期間は単年度。予算額は82,100千円。公募期間は6月5日まで。4月28日に県庁別館、5月7日に下田総合庁舎で説明会を開催する。参加希望者は4月27日までに申し込みが必要。

静岡県は、2011年に策定した「ふじのくに新エネルギー等導入倍増プラン」に基づき、小規模分散型エネルギーの導入によるエネルギーの地産地消を進めている。

【参考】
静岡県 - 小水力発電・バイオマスの導入に向けた取組を支援します

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.