> > アエラホームの「光熱費ゼロ」を目指した住宅 LooopのCIGSモジュールを採用

アエラホームの「光熱費ゼロ」を目指した住宅 LooopのCIGSモジュールを採用

記事を保存
アエラホームの「光熱費ゼロ」を目指した住宅 LooopのCIGSモジュールを採用

太陽光発電システムの開発・販売を行うLooop(東京都文京区)は、同社のCIGS太陽電池モジュールがアエラホーム(東京新宿区)の創エネと省エネを兼ね備えた高性能住宅「ZEROクラージュ」に採用されたと発表した。

アエラホームの「ZEROクラージュ」は、独自工法により断熱・気密性能に優れた住宅「クラージュ」に、太陽光発電を組み合わせ、「光熱費ゼロ」住宅を可能にすることをコンセプトにしている。

LooopのCIGS太陽電池モジュールは発電を阻害する高温環境や影に強く、低日照でも発電が可能な高性能薄膜系モジュール。変換効率は14.3%。さらに両面ガラス構造による高い耐久性と、全面ブラックデザインにより、住宅と調和するデザイン性を重視した。

「ZEROクラージュ」は、4月25日(土)にオープンする総合住宅展示場「上毛新聞e住まいるプラザ 前橋みなみ」(群馬県前橋市)で展示されるアエラホームのモデルハウスに設置される。

Looop(ループ)は、東日本大震災後の2011年4月に会社を設立。宮城県石巻市へソーラー発電システムの無償設置をはじめ、震災被害地へ太陽光発電で支援を行った。その後、電力の固定価格買取制度(FIT)の開始に先んじて太陽光発電所をDIY感覚で作れる「MY発電所キット®」をリリース。FITの追い風もあり累計で日本全国1000ヶ所以上での設置を達成した。風力・水力も視野に入れた自然エネルギー専門のリーディングカンパニーを目指している。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.