> > 商用ビル・店舗向け、温湿度・照度など多様なセンサに対応したBEMS

商用ビル・店舗向け、温湿度・照度など多様なセンサに対応したBEMS

記事を保存

ITソリューションプロバイダの日本システムウエア(東京都渋谷区)は、5月よりエネルギーマネジメントシステム「ENESMA(エネスマ)」シリーズのサービスラインナップを拡充し、商用ビル・店舗向けエネルギー管理システム「BEMS」の提供を開始した。

このBEMSサービス「ENESMA BEMS Suite」では、通信方式の異なる機器を共通ネットワークに接続しデータを収集・制御するというENESMAコンセプトを踏襲しながら、商用ビルや商業施設に特化した電力消費量予測、エネルギーの見える化、遠隔制御機能を実装したシステムを提供する。

特に、温湿度や照度等の各種センサーとの連携によって施設内環境の最適制御が可能で、施設利用者の快適性を損なうことなくピークカット、省エネを実現する。さらに、これらの機能をクラウドと連携することで、単一施設から複数施設までを共通のシステムで管理できるスケーラビリティ(システムの拡張性)を備えている。

また、本ソリューションでは同社のM2M(Machine to Machine)/IoT(Internet of Things)プラットフォーム「Toami」との連携によって、システム構築にかかるコストと導入までの期間を大幅に短縮でき、BEMSの導入をよりスピーディーかつ柔軟にサポートする。

2013年5月に提供を開始した「ENESMA」は、「特定メーカーや規格などに縛られない相互接続性の高いエネルギーマネジメントシステム(EMS)の実現」をコンセプトに、エコーネットコンソーシアムが策定した通信プロトコル「ECHONET Lite」に準拠した家電製品や設備機器を宅内や外出先からスマートフォンやタブレット端末を用いて制御し、電力使用量などをリアルタイムでモニタリングする。

同社は、ENESMAを電力自由化に向けた省エネ機器の連携システムとして、戸建て住宅や商用ビル向けのほか、マンション向けのエネルギー管理システムを提供している。

なお、同社は5月13日(水)~15日(金)に東京ビッグサイトで開催される「第4回 IoT/M2M展」において、「ENESMA」シリーズを紹介する。

日本システムウエア(NSW)について

1966年創業。モバイル端末・カーエレクトロニクスなどの組込みシステム開発、LSIやボードの設計開発を手掛ける。また、製造業、金融保険業、物流業向けなどの基幹システムや各種業務システムの構築、運用・保守サービス、自社データセンターでのアウトソーシングサービスもワンストップで提供しており、これらの実績を生かしたクラウドサービスを展開している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.