> > スマートコミュニティJapan2015と同時開催 NEDOが最新動向のシンポジウム

スマートコミュニティJapan2015と同時開催 NEDOが最新動向のシンポジウム

記事を保存

NEDOは6月17、18日の両日、スマートコミュニティ・アライアンス(JSCA)と共同で東京ビッグサイト(東京国際展示場)において、シンポジウム「スマートコミュニティサミット2015」を開催する。

サミットでは、スマートコミュニティ分野で日本を代表する企業トップの基調講演や、「再生可能エネルギー大量導入時代のスマートコミュニティ」についてパネルディスカッション等を行うほか、国内外の第一線の専門家を招き、ビジネス・技術など様々な観点から情報の提供や意見交換を行う。

またNEDOは、同時開催の展示会「スマートコミュニティJapan2015」にも出展し、NEDOのスマートコミュニティ海外実証事業、蓄電池実証等における最新の進捗や成果に関して、タッチパネルや実機の展示により、わかりやすく情報発信する。

本展示会は、「スマートコミュニティ展」「バイオマスエキスポ」「植物工場・スマートアグリ展」「次世代自動車展」「Cloud Community 2015」「新電力ビジネス展」の6つで構成される。6月17日(水)~19日(金)に、東京国際展示場(東京ビッグサイト)において、日刊工業新聞社の主催、NEDOとJSCAの共催で開催される。

本サミットの参加費(登録費)および本展示会の入場料は無料(事前登録が必要)。スマートコミュニティ Japan 2015 公式ウェブサイトより参加申し込みの登録を行う。

「スマートコミュニティサミット2015」概要

NEDOとJSCAは、スマートコミュニティ分野における国内外の第一線の専門家が一堂に会し、それぞれの先進的な取り組みや課題について情報の提供や意見交換を行うことで、スマートコミュニティの実現に向けた活動の活性化を図ることを目的として、2010年からスマートコミュニティサミットを毎年開催している。

6回目の開催となる今回は、スマートコミュニティの実現に向けた民間企業の取り組みについて、パナソニック代表取締役会長の長榮周作氏と日本アイ・ビー・エム代表取締役社長執行役員のポール与那嶺氏による基調講演を予定している。

また、「再生可能エネルギー大量導入時代のスマートコミュニティ」と題し、再生可能エネルギーの増加に伴う電力インフラにおける課題及びその解決策となる技術についてパネルディスカッションを行い、世界的に再生可能エネルギー大量導入社会に突入していく中で求められるスマートコミュニティの姿について展望する。

2014年度に終了した経済産業省の国内4地域実証(横浜市、豊田市、けいはんな学研都市、北九州市)の成果や今後の展開および急速な経済発展に伴い重要性が高まるアジア等の各国でのスマートコミュニティ・スマートシティへの期待と都市開発の現状に関する講演や系統用蓄電池、電力システムのフレキシビリティ、サイバーセキュリティの国内外の最先端の動向を関する報告・パネルディスカッションなども予定している。

【参考】
NEDO - 「スマートコミュニティサミット2015」を開催
スマートコミュニティ Japan 2015 -
スマートコミュニティJapan 2015 来場事前登録を開始しました。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.