> > 着雪・凍結に強いLED信号機 青森県が製品化の提案を募集

着雪・凍結に強いLED信号機 青森県が製品化の提案を募集

記事を保存
着雪・凍結に強いLED信号機 青森県が製品化の提案を募集

青森県警察本部は、寒冷・積雪地帯に向く改良型のLED信号灯器の製品化を目指し、県内外の研究機関からの提案募集を開始した。

これは「青森県警察LED信号灯器着雪・凍結対策事業」として行われるもの。LED信号灯器の着雪・凍結対策のための研究事業を産学官が連携して行い、LED信号灯器の加工を可能なものとし、改良型の信号灯器の製品化を目指す。募集期限は5月18日17時。委託研究機関の選定・通知は6月上旬。

委託件数

1件

委託金額(事業費)

一式2,479千円(消費税を含む)

委託契約期間

委託契約日より2016年3月31日まで

青森県警察では1995年度からLED車両用信号灯器の導入整備を図っているが、従来の白熱電球に比較して発熱量が低いため、付着した雪が解けにくく、信号機が見えづらくなるなどの課題がある。特に積雪地帯では着雪し解けずに凍結することもあり、信号機メーカー各社も改良は加えているものの画期的な製品開発にはつながっていない。そこで県警本部では、2014年度にワーキンググループを設置し、雪に強いLED信号灯器の改良・開発について検討してきた。

【参考】
青森県 - 青森県警察LED信号灯器着雪・凍結対策事業について
青森県警察 - 青森県警察LED信号灯器着雪・凍結対策事業研究機関募集について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.