> > 低コストな電力小売りシステム みんな電力が自治体・中小企業向けに新開発

低コストな電力小売りシステム みんな電力が自治体・中小企業向けに新開発

 印刷 記事を保存

みんな電力(東京都港区)は、セールスフォース・ドットコムのクラウドプラットフォーム「Salesforce」を活用した、地方自治体・中小事業者向けの家庭(低圧)用電力小売りソリューション「enection(エネクション)」を2016年3月より提供を開始する。

「enection」は、一般家庭に電力を供給・販売する際に必要な「顧客管理」「料金計算」「収入管理」「ポータル」「需給管理」「電力取引」の6つのシステムで構成されており、導入すれば、低コストで新電力(PPS)として電力小売り事業に新規参入できる。また、本システムは顧客のニーズに応じた独自のカスタマイズや、最小1000単位からの顧客(需要家)を対象とするスモールスタートでの利用にも対応する。

さらに世界最大規模のクラウド環境を活用し、必要な機能を絞り込むことで、需要家10万人で一人月5円~という低価格での提供を実現した。

同社は本システムにより、2016年の電力自由化を契機に、地域新電力を設立し地方創生を目指す地方自治体、地域ガス会社などの中小規模PPSの電力小売事業参入をサポートする。2020年までに500万ユーザへのライセンス提供を予定しており、売上は20億円を見込んでいる。

(※全文:1,509文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.