> > 千葉県流山市、市内15000本の防犯灯をLEDに ESCO事業者を募集

千葉県流山市、市内15000本の防犯灯をLEDに ESCO事業者を募集

 印刷 記事を保存

千葉県流山市は、LED防犯灯の一括整備・管理事業を実施する委託事業者を募集している。

同市には、現在、自治会が設置・管理している防犯灯が約15,000灯ある。同市内の防犯灯の早期LED化と自治会の負担軽減をめざし、民間の省エネルギー化(ESCO)事業を導入し、すべての防犯灯をLED灯へ一斉交換するとともに、管理を行う防犯灯の設置・管理事業を、同市が行うこととなった。

同公募では、公募型プロポーザル方式により優先交渉権者を選定する。その後、優先交渉権者の提案をもとに、事業フレームを構築するための詳細協議を行い、合意に至った場合に事業契約を締結し、委託事業が実施される。

ESCO契約方式は「シェアード・セイビングス契約(民間資金活用型)」で
事業期間は2016年4月1日から2026年3月31日までの10年間。

事業内容は、下記の通り。

(※全文:1,031文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.