> > 東京ガスなど新開発のコジェネレーションシステム(ガス)、総合効率71%に

東京ガスなど新開発のコジェネレーションシステム(ガス)、総合効率71%に

記事を保存
東京ガスなど新開発のコジェネレーションシステム(ガス)、総合効率71%に

東京ガス(東京都港区)、三菱重工業(東京都港区)、三浦工業(愛媛県松山市)、神戸製鋼所(兵庫県神戸市)の4社は、ガスエンジンの廃温水を蒸気として高効率に回収するコジェネレーションシステムを開発した。三菱重工業と東京ガスグループは、今年7月から本システムの販売を開始する。

本システムは、これまでメーカー3社それぞれが市場投入している製品をベースに組み合わせることで、ガスエンジンの廃熱を、温水から蒸気に効率よく変換し利用することを可能にした。その結果、排ガスボイラのみから蒸気を回収する場合と比べ、蒸気回収効率が18.4%から28.4%に約10%向上し、電力と蒸気を合わせた総合効率で約71%を達成。さらに、蒸気の使用量が減る期間には通常のガスエンジンコジェネ単体の稼働に切り替えることを可能にするなど、ユーザーの使用状況に応じ設定を変更できるよう利便性にも配慮した。

本システム構成

本システム構成
(通常、廃温水熱利用蒸気発生装置およびスクリュ式小型蒸気圧縮機は2セットずつ設置)

具体的には、より多くの蒸気を回収するために、従来よりも廃温水の温度を高く設定した「高温化仕様ガスエンジン」(三菱重工業製)と、廃温水を効率よく低圧蒸気に変換する「廃温水熱利用蒸気発生装置」(三浦工業製)、変換された低圧蒸気を工場の生産工程で利用可能な圧力まで昇圧する「スクリュ式小型蒸気圧縮機」(神戸製鋼所製)を組み合わせた。組み合わせにおいては、高温化仕様ガスエンジンの改良やシステムとして効率よく稼働するための制御開発などを行った。

ガスエンジンコジェネレーションシステムは、ガスエンジンで発電機を駆動して発電し、同時にガスエンジンの排気ガスや冷却水が有する廃熱を蒸気や温水として利用するシステムで、オフィスビル、ホテル、工場などで導入されている。なかでも中・大型規模のガスエンジンコジェネを導入することが多い工場においては、蒸気は加熱や殺菌などの生産工程に幅広く利用できる一方で、温水は利用先が限定されるためにすべてを使い切れず、廃熱の利用率が下がってしまうケースもみられた。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.