> > 2014年度の太陽電池国内出荷量、過去最高 でも住宅用はマイナス17%

2014年度の太陽電池国内出荷量、過去最高 でも住宅用はマイナス17%

記事を保存
2014年度の太陽電池国内出荷量、過去最高 でも住宅用はマイナス17%

一般社団法人太陽光発電協会(JPEA)の調査で、2014年度の太陽電池モジュールの国内出荷量は、前年度比8%増の921万6,325kWで、過去最高となったことがわかった。用途別にみると、非住宅用は前年度比17%増の724万1,881kWであったが、住宅用は、197万3,187kWで前年度比17%減となった。

JPEAは21日、太陽電池の日本における2014年度第4四半期(2015年1月~3月)および2014年度の日本における太陽電池出荷量を調査した結果を発表した。概要は以下のとおり。

2014年度の国内出荷量&総出荷量について

太陽電池モジュールの国内出荷量を用途別(住宅用、非住宅用)にみると、非住宅用(発電用途を含む)向けのモジュール出荷量は2014年度まで、毎年順調に伸びている。住宅用に関しては、2013年度まではモジュールの出荷量が順調に増大していたが、2014年度は前述のとおり前年度比83%となった。

<p class= 青い点線が2014年度の住宅用太陽電池出荷量。赤い点線(同2013年度)を下回っている。" style="padding-bottom:5px;" />

青い点線が2014年度の住宅用太陽電池出荷量。赤い点線(同2013年度)を下回っている。

2012年度第2四半期までは非住宅用より住宅用への出荷が多かったが、第3四半期に逆転し、それ以降は非住宅用の出荷が常に多くなっている。

国内出荷量に占める外国企業のシェアは32%だった。

日本における2014年度の太陽電池モジュールの総出荷量は前年度比14%増の987万2,006kWであった。2011年度以来、太陽電池モジュールの出荷量が毎年順調に増加している。第1四半期は出荷量が少なく、第4四半期が多い傾向がみられる。特に、2013年度と2014年度は非常に類似した傾向を示し、各四半期とも2014年度がやや出荷量が多くなった。

2014年度第4四半期の国内出荷量&総出荷量について

日本における当期のモジュール総出荷量は283万6,774kWで、前期比15%増、前年同期比2%増となった。日本企業のモジュール総出荷量は188万7,508kWで前期比14%増、前年同期比95%増であった。

モジュールの総出荷量における日本企業と外国企業の比は7:3、国内生産と海外生産の比は4:6で、2013年度、および2014年度第1~第3四半期から大きな変動はなかった。

モジュールの用途別国内出荷では、住宅用が18%、非住宅用が82%。前年同期比でみると住宅用は36%減、非住宅用は5%増であった。

絶対数量(kW)ではまだ大きな数字にはなっていないが、前年同期比でセルとモジュールの輸出が大きく増えた。その影響で、モジュールの総出荷量は昨年同期比で微増(102%)であったにもかかわらず、国内出荷量は微減(98%)であった。

【参考】
JPEA - 日本における太陽電池出荷統計 2014年度第4四半期及び2014年度

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.