> > 阿蘇山の豊かな地熱資源 九州電力・三菱商事などが調査スタート

阿蘇山の豊かな地熱資源 九州電力・三菱商事などが調査スタート

 印刷 記事を保存

熊本県南阿蘇村は21日、九州電力・三菱商事、およびレノバ(東京都千代田区)など3社の2つの事業グループがそれぞれ予定している地熱資源の資源量調査に対して、地熱資源の活用に関する条例に基づく村長の同意書を交付したと発表した。

これを受けて、2事業グループは南阿蘇村で地熱資源調査を開始する。2事業者グループは、本調査について、JOGMEC(独立行政法人 石油天然ガス・金属鉱物資源機構)の助成金を活用する予定。

なお、今回の同意は、地熱資源の資源量調査に関する同意であり、地熱発電を開始するまでに必要な各段階(調査井掘削、生産井掘削、発電所建設等)で、あらかじめ村長の同意を得る必要がある。

また、南阿蘇村は今後、村内における他の事業者による地熱資源量調査の実施については、今回の2事業者グループの調査結果を見極めた上で検討することとしている。

これまでの経緯、2事業グループが予定している調査事業の概要は以下のとおり。

(※全文:1,564文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.