> > 2015年度の「優秀省エネ機器」の募集がスタート 受賞するとPRに有利?

2015年度の「優秀省エネ機器」の募集がスタート 受賞するとPRに有利?

記事を保存
2015年度の「優秀省エネ機器」の募集がスタート 受賞するとPRに有利?

日本機械工業連合会は、第36回(2015年度)優秀省エネルギー機器表彰の候補者を、6月1日より開始する。

同事業は、優秀な省エネルギー機器を開発し、実用化した者、および企業や団体を表彰し、省エネルギー機器の開発と普及を促進するもの。

募集対象となる機器は、下記の通り。

  • 約5年以内に開発・実用化された産業用の省エネルギー機器で、一般的な概念の機器の他、自然エネルギー廃棄物・排出物等の未利用資源を利用するもの、および電力の合理的利用に資するなどの装置・設備・システム。
  • 省エネルギーに著しく寄与する計器および制御システム。
  • 産業用の自動車、およびエアコンディショナー。

これらの対象機器は、地球環境や安全性に対する寄与も考慮され、おおむね5年以内に大幅な改善や改良が加えられた機器も含まれる。

募集期間は、6月1日から7月10日まで。応募費用は無料。

応募者の資格は、省エネルギー機器の開発及び製造に自ら従事した者や企業、その他の団体 。申請書の提出時に内容説明ほか資料の添付が必要だ。内容説明は動画のほうが分かり易ければ、内容を 2~3分程度にまとめたCD-ROMを添付しても良い。

また、同一の申請者が複数の省エネルギー機器について応募することはできるが、同一の機器について同じ年度内の経済産業省などによる省エネをテーマとした類似の表彰制度に重複して応募することはできない。

選考は8月の書類審査、9月のヒヤリング審査を経て、10月から11月に現地調査が行われる。発表は日刊新聞、経済産業公報、同連合会ホームページなどに掲載され、応募者に通知される。賞は経済産業大臣賞、経済産業省資源エネルギー庁長官賞、日本機械工業連合会会長賞がある。表彰は2016年2月の、省エネルギー月間に行われる予定だ。

受賞すると、表彰を受けた省エネ機器に「優秀省エネルギー機器受賞マーク」を表示し、広告などに活用できる。昨年度の受賞機器は、「データセンタ向け外気冷房型パッケージ空調機」(NTTファシリティーズ、日立アプライアンス)、 「IE4対応樹脂インペラ給水ポンプ」(川本製作所)、「間接外気空調ユニット」(富士電機)ほか。

同事業は、同連合会により1980年度より実施されてきた。

【参考】
日本機械工業連合会 - 第36回(平成27年度)優秀省エネルギー機器表彰候補 6月1日より募集

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.