> > 東京都の官民連携再エネファンド、今度は青森県の風力発電に出資

東京都の官民連携再エネファンド、今度は青森県の風力発電に出資

記事を保存

東京都は26日、官民連携再生可能エネルギーファンド事業において、青森県三戸郡新郷村に建設予定の風力発電施設に出資したと発表した。本施設の出力は約1万8,000kW、総事業費は約120億円。運転開始は2018年5月を予定している。本件は、本ファンド事業初の東北地方かつ風力発電の案件だ。

今回は、本ファンド事業の運営する2つの事業者のうち、スパークス・グループが運営するファンド「スパークス・官民連携再生可能エネルギー・一括払込型投資事業有限責任組合」が出資した。

東京都の舛添知事は、定例記者会見で本件について紹介し、「今後ともこうした事業への投融資を進め、ファンドを通じた再生可能エネルギーの普及拡大を推進していく」と述べている。

東京都は、再生可能エネルギーの広域的な普及促進と民間の資金やノウハウの活用を目的に、官民連携再生可能エネルギーファンド事業の準備を進めてきた。今年2月、本ファンド事業において、ファンド運営事業者をT・JAGグリーンエナジー合同会社およびスパークス・グループとするファンドを設立した。両ファンドの投融資対象は東京電力および東北電力管内の再生可能エネルギー発電事業。東京都は両ファンドに5億円を出資している。

T・JAGグリーンエナジー合同会社が運営するファンドは、4月に、第1号案件として、日本アジアグループが開発した神奈川県大井町と埼玉県行田市のメガソーラー事業に出資した。

【参考】
東京都 - 官民連携再生可能エネルギーファンドの投融資案件について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.