> > 30年も放置されていたゴルフ場予定地、92MWのメガソーラーに

30年も放置されていたゴルフ場予定地、92MWのメガソーラーに

記事を保存
30年も放置されていたゴルフ場予定地、92MWのメガソーラーに

ガイアパワー(徳島県阿南市)、京セラ(京都府京都市)、九電工(福岡県福岡市)、東京センチュリーリース(東京都千代田区/TC-Lease)の4社は、鹿児島県鹿屋市と大崎町にまたがる土地に、出力約92MWのメガソーラー「鹿屋大崎ソーラーヒルズ太陽光発電所」を建設・運営すると発表した。

合計約200万平方メートルの事業用地に、京セラ太陽電池モジュール約340,740枚を設置。年間発電量は約99,230MWh(一般家庭約30,500世帯分の年間電力消費量に相当)の見込み。年間約35,730tのCO2削減に貢献する予定。

今回4社は、太陽光発電事業を行う事業運営会社・鹿屋大崎ソーラーヒルズ(鹿児島県鹿屋市)へ共同で出資。鹿屋大崎ソーラーヒルズが事業運営、九電工・ガイアパワーJVが発電所の設計・施工・維持管理、京セラが太陽電池モジュールの供給、TC-Leaseがファイナンスとそのアレンジメントをそれぞれ行う。総投資額は約350億円の見込み。着工は2015年度下期、稼働開始は2017年度中に稼働を開始する。これにより4社は、鹿屋市・大崎町における雇用創出、税収の増加などで地域社会に貢献したい考えだ。

本事業用地は30年以上前にゴルフ場建設計画が中止され、地元において有効活用が望まれていた土地で、4社は昨年1月より本発電事業の検討を開始した。なお、本事業は今年4月に林地開発申請手続きを行い、環境への影響調査(1年間実施)も完了させている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.