> > 太陽光発電システムの周辺機器・維持管理分野 新技術開発の公募スタート

太陽光発電システムの周辺機器・維持管理分野 新技術開発の公募スタート

 印刷 記事を保存

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は3月17日、太陽光発電システムのうち、太陽電池以外のBOSや維持管理の分野を対象に、システムの効率向上とBOS・維持管理費の削減に資する共同研究を行う事業者の公募を開始した。

BOS(Balance of system)とは、工事を含む周辺機器・システムのこと。固定価格買取制度(FIT)によって太陽光発電の大量導入は進みつつあるが、このプロジェクトではFITに頼らない太陽光発電の普及を目指し、引き続き発電コストの低減を進めるため、システム価格や維持管理費の低減を実現する技術開発を共同研究として実施する。

研究テーマは次の2つ。

研究開発項目(Ⅰ)「太陽光発電システム効率向上技術の開発」

システム全体のコストを下げることで、発電コストの低減をめざす研究テーマ。

(※全文:769文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.