> > アメリカ人「再エネ増やしたら電気代700円増えてもOK!」 一方日本人は…

アメリカ人「再エネ増やしたら電気代700円増えてもOK!」 一方日本人は…

 印刷 記事を保存

京都大学などは、電源構成(ベストミックス)案に対して、原発重視または再エネ重視となったときに、消費者がどれだけの電気料金の支払い意志を持っているかを日米で比較調査した結果を発表した。

本研究では、コンジョイント分析と呼ばれる仮想的な消費者選択を通じて、消費者の原発比率や再エネ比率に対する金銭的な支払意思額を計測するとともに、米国消費者の支払意思額との比較分析も行った。

(※全文:1,898文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.