> > G7サミット終了 「2050年までに温室効果ガス40~70%削減」めざす

G7サミット終了 「2050年までに温室効果ガス40~70%削減」めざす

 印刷 記事を保存

ドイツのエマウで開催されていたG7サミット(主要7カ国首脳会議)は8日、2日間の日程を終え閉幕した。気候変動については、今年12月にパリで開催されるCOP21での「全ての国が参加する」新たな枠組みの採択を後押しすることで一致した。外務省が会合の概要についてとりまとめ発表している。

採択された首脳宣言には、世界の温室効果ガス排出削減目標について、最新のIPCCの提案による「2050年までに2010年比での40~70%削減」の幅の上方に削減するという目標をUNFCCC(気候変動枠組み条約)の全締約国と共有することを支持する旨が盛り込まれた。

(※全文:992文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.