> > 蓄電池の充電スピードアップを実現する「中間状態」のナゾ 東大が解明

蓄電池の充電スピードアップを実現する「中間状態」のナゾ 東大が解明

 印刷 記事を保存

東京大学は、電気を貯める物質において存在し、電池の充電を速くするとされる「中間状態」について、人工的に作り出すことに成功し、その存在を証明した。

今回、研究グループは、電気を蓄える物質の元素の構成比や熱処理の条件を最適化することで、室温で長時間安定に存在する「中間状態」が人工的に得られることを発見した。これにより初めて「中間状態」の性質を注意深く調べることが可能になり、詳細な分析を行った。

(※全文:891文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.