> > エネルギー業界のビジネスマッチング事業 NEDOが企画・実施者を募集

エネルギー業界のビジネスマッチング事業 NEDOが企画・実施者を募集

記事を保存

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、「エネルギー分野ビジネスマッチング等の実施」事業を検討・企画・実行する事業者の公募を開始した。

同調査事業は「エネルギー分野ビジネスマッチング等の実施」として行われるもの。「新エネルギーベンチャー技術革新事業」で実施しているハンズオン支援の一環として、技術開発段階から事業化段階までの一貫した支援を行う。技術開発成果の事業化を推進するため、事業化に近い開発テーマに対してベンチャーキャピタルや大手企業などとのビジネスマッチングの機会を提供することを目的に、具体的なビジネスに結びつけるための効果的なビジネスマッチングなどを企画・実行し、その結果報告をまとめる。

具体的な業務内容は下記のとおり。

1. 効果的なビジネスマッチング等の企画・実施

平成26年度の同調査事業での効果的なビジネスマッチングの成功要素や課題を踏まえへの効果的なビジネスマッチング等を企画する。少なくとも具体的なビジネスに結びつけるために事業者に必要な経営戦略、財務戦略等を導きだし、そのための効果的な手法を検討し、事業者との潜在的な連携の可能性も含めマッチング対象になりうる企業の掘り起こしを行う。

想定するマッチング参加事業者は、平成26年度までに事業を終了した事業者もしくは、平成27年度に事業を実施中の事業者とし、20事業者程度とする。

マッチング参加事業者に対しては、事前の準備勉強会を複数回実施するなどし、事業計画や、 投資家の視点に合った発表内容の精査など、マッチング確度を向上させるための手法を導入する。

ビジネスマッチング会は、平成28年1月下旬から2月中旬頃に関東会場と関西会場において各1回行うものとし、実施手法(開催規模、会場、効果的な宣伝・集客、運営方法等)に関する設計・提案を行い、必要な費用も委託費に見積もる。

マッチング会においては、事業者からの口頭発表の他、個別のブース等を設置して研究開発内容に 関する現物・パネル等の展示も行い、来場者との接触、商談の機会を増やすように工夫する。

2. 平成26年度ビジネスマッチングのフォローアップの実施

平成26年度のビジネスマッチングに参加した12事業者について、その後、マッチングの効果を調査・検証する。同事業に関する質問は7月7日まで受け付けており、提案書類提出の締め切りは7月8日まで。事業期間は、2016年3月20日まで。予算は1,900万円以内。

新エネルギーベンチャー技術革新事業は、再生可能エネルギー分野の重要性に着目し、ベンチャーを含む中小企業などが保有している潜在的技術シーズをもとにした技術開発を、公募により実施するもの。申請テーマに関して、技術や事業化の面での優位性や独自性などの観点から選抜・育成し、事業化を見据えた技術開発支援を行う。具体的には、(1)間口を広くした技術開発、(2)本事業実施中のハンズオン支援、(3)事業化に向けたフォローアップを実施する。2015年度予算は12億円。

【参考】
NEDO - 「エネルギー分野ビジネスマッチング等の実施」に係る公募について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.