> > 薄さ1.5mmの「曲がるCIS太陽電池モジュール」 シンガポールのビルに導入

薄さ1.5mmの「曲がるCIS太陽電池モジュール」 シンガポールのビルに導入

記事を保存
薄さ1.5mmの「曲がるCIS太陽電池モジュール」 シンガポールのビルに導入

ソーラーフロンティア(東京都港区)とPSA Singapore Terminals(シンガポール/PSA)は、PSAがシンガポールに新しく建設したパシール・パンジャン第3ターミナルビルに、ソーラーフロンティアの「ベンダブルCIS薄膜太陽電池モジュール」の試作品を設置した。

同モジュールは、標準的な太陽光発電モジュールで使用されているガラス基板に代わって、薄い金属基板を使用するとともに、ガラス製カバーが高機能樹脂フィルムに置き換えられ、フレームを取り除く新技術が用いられている。

その結果、現行製品比1/3以下のモジュール重量、わずか約1.5ミリの薄さのパネルが実現した。曲げることもできることから、様々なモノと一体化させることが可能。今後、多様な用途の商品に活かされることで、太陽光エネルギーの新たな可能性を切り拓き、太陽光発電をより身近なものへと変えることが期待される。

PSAは、同ビルで使用する電動式クレーンとともに、二酸化炭素排出量のさらなる削減を進め、持続性の高い環境づくりに貢献したい考えだ。

同モジュールは、ソーラーフロンティアの厚木リサーチセンター(神奈川県)で設計・開発され、今回初めて試験的に設置された。同リサーチセンターでは、最先端のCIS太陽電池に関する研究開発を行っており、研究・量産レベルの両面において変換効率の向上を目指すとともに、新たな市場開拓の可能性を持つ先進的な製品の開発に取り組んでいる。

開発にあたっては、従来の結晶シリコン技術にはないCIS薄膜太陽電池技術の特性が活かされた。その過程では、CIS薄膜太陽電池のモジュール構造が極限まで追及され、新たな製造プロセスが開発された。

なお、PSAはシンガポールにおいて世界最大のコンテナ積み替え拠点を運営している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.