> > 木質チップ製造設備に補助金4億円 岩手県の木質バイオマス発電事業

木質チップ製造設備に補助金4億円 岩手県の木質バイオマス発電事業

記事を保存
木質チップ製造設備に補助金4億円 岩手県の木質バイオマス発電事業

タケエイ(東京都港区)の連結子会社・花巻バイオチップ(岩手県花巻市)は、岩手県花巻市で計画している木質バイオマス発電事業において、岩手県より「平成27年度 岩手県森林整備加速化・林業再生基金事業補助金」の交付決定通知を受けたと発表した。

花巻バイオチップは、木質バイオマス発電事業「花巻バイオマスエナジー」向けにバイオマス燃料(森林間伐材などを原料とする木質チップ)を製造・供給することを目的に設立された会社で、6月19日に当補助金の交付決定通知を受領した。

対象となる事業

森林資源を活用した木質バイオマス加工流通施設等整備(バイオマス燃料製造整備)

交付時期

補助対象となる設備が完成し、同補助金事務局による完成検査終了後

交付金額(補助金)

4億300万円(上限、金額は完成検査終了後確定)

今後、バイオマス燃料製造施設の設置工事を行ない、完成検査終了後、補助金の交付を受ける。本事業は2016年度の稼働を予定しており、発電収入については、開業2年目に年間13億円程度の売上を見込んでいる。

林野庁は、「森林整備加速化・林業再生対策」において、自治体などが計画する木材の需要拡大、安定的・効率的な地域材の生産・供給体制の構築及び持続的な林業経営の確立に向けた総合的な対策を支援している。都道府県などはこの補助金を受け「森林整備加速化・林業再生基金」を造成し、木質バイオマス発電施設の整備などを対象とした補助事業を行っている。

この事業による補助率などは県によって異なる。岩手県では、木質バイオマス利用設備などの整備(木質バイオマス加工流通施設、木質バイオマスエネルギー利用施設)には、対象経費の2分の1に相当する額が補助される。また、木質バイオマスの利活用計画は100%が補助される。

【参考】
岩手県 - 森林整備加速化・林業再生事業について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.