> > 「バイクは混合バイオ燃料に」、「排ガスの試験方法を世界基準に」など省令改正

「バイクは混合バイオ燃料に」、「排ガスの試験方法を世界基準に」など省令改正

 印刷 記事を保存

環境省は、二輪自動車や原動機付自転車において、E10及びETBE22を含むガソリンを燃料とすることや、3.5tを超えるディーゼル車等の排出ガスの試験方法を世界統一試験サイクルに変更すること等、関係省令の改正を行った。施行期日は6月24日。

同省は24日、「大気汚染防止法第二条第十四項の自動車及び原動機付自転車を定める省令」および「自動車排出ガスの量の許容限度」の一部を改正したと発表した。

環境省では、排出ガス試験方法については、国際調和を行い、自動車排出ガス低減を図っていくことを目的に、乗用車等の排出ガス試験サイクルについて、順次、現行の排出ガス試験サイクル(JC08モード)を、世界統一試験サイクルWLTCに変更する方針を示している。

(※全文:1,298文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.