> > タイで省エネ事業を展開したい企業 環境省のビジネスマッチング&視察ツアー

タイで省エネ事業を展開したい企業 環境省のビジネスマッチング&視察ツアー

 印刷 記事を保存

海外環境協力センター(OECC)は、タイ・バンコクで日本企業の省エネビジネスの展開を図るため、現地視察・ワークショップ・ビジネスマッチングなどがセットになったツアー(ミッション)に参加したい企業を募集している。費用は渡航費・宿泊費などを自己負担するだけ。開催日時は2015年7月13~15日、応募締め切りは7月9日(木)。

今回開催されるこのツアー、「平成27年度タイ・バンコク都への低炭素技術ミッション」は、OECCが実施する環境省委託事業「平成27年度アジアの低炭素社会実現のためのJCM案件形成可能性調査事業」の一環として実施される。この事業は、バンコクにおいて具体的な低炭素プロジェクトの発掘を目的として行われるもの。

今回の事業は、横浜市内をはじめとする日本企業が持つ低炭素技術のバンコク都行政担当者・現地事業者への紹介、および日泰の事業者間のビジネスマッチングの促進等を目的としている。2015年度は、計4回の現地への低炭素技術ミッションの派遣を計画している。

対象事業者は横浜市または横浜市内企業との連携による海外展開を検討している事業者で、横浜市Y-PORT事業によるバンコクとの都市間協力の枠組みを通じた低炭素都市づくりに関心がある事業者。もしくは省エネルギー、交通、廃棄物処理、排水処理等の分野における低炭素技術を保有し、バンコクにおけるビジネス展開・拡大を検討している事業者。

案件成立までをサポートする充実のツアー内容

1日目にワークショップ、2日目に現地視察、3日目に勉強会が開催される。1日目のワークショップでは本調査のロードマップの説明、JCM設備補助の仕組み(国際コンソーシアム等)の解説、JCM案件に係るケーススタディの紹介、日泰企業間のビジネスマッチングが行われる。2日目の現地視察はバンコク近郊の工業団地における省エネ・廃棄物処理等ポテンシャルの視察。3日目の勉強会ではJCM案件形成のための個別勉強会が行われる。

(※全文:304文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.