> > 東レ、燃料電池・水電解装置のドイツ企業を買収 水素インフラのビジネスを加速

東レ、燃料電池・水電解装置のドイツ企業を買収 水素インフラのビジネスを加速

記事を保存

東レ(東京都中央区)は、燃料電池および水電解装置の部材開発・製造・販売を手掛けるドイツSolviCore社を買収し、7月1日付けで新会社Greenerity GmbH(グリナリティ、Greenerity社)として100%子会社化したと発表した。

SolviCore社は、燃料電池・水電解装置の中核を成す重要な部材となる触媒層付き膜「Catalyst Coated Membrane(CCM)」、膜・電極接合体「Membrane Electrode Assembly(MEA)」の部材開発技術等を保有する。

東レは、SolviCore社が保有するCCMやMEAは、来るべき水素社会の実現には不可欠な製品と説明する。SolviCore社を買収しGreenerity社として発足させることで、互いの持つ製品や技術力により燃料電池およびその関連分野におけるシナジーを発揮させ、当該分野での事業拡大を図る。

SolviCore社は、CCM・MEAの開発・製造および販売を目的に、2006年7月にベルギーのUmicore社(Umicore AG&Co.KG)およびSolvay社(Solvay GmbH)が折半出資して設立した。資本金は25千ユーロ。

東レは今回Umicore社およびSolvay社からそれぞれ50%ずつ保有するSolviCore社の株式を取得した。

東レは、中期経営課題「プロジェクト AP-G 2016」で進める全社プロジェクトの一つとして「グリーンイノベーション事業拡大(GR)プロジェクト」を掲げ、地球環境問題や資源・エネルギー問題の解決を通じて社会に貢献することで、東レグループの持続的成長を支えることを目指している。

今回の買収・新会社の発足は、このGRプロジェクトの一環であり、今後もGreenerity社の事業推進を通じて、水素製造(水電解)、水素インフラ(圧縮・貯蔵)、水素利用(燃料電池)技術の発展に貢献し、持続可能な低炭素・循環型社会の実現を目指していく考えだ。

燃料電池は、水素と酸素を反応させて電気を発生させる発電装置で、水しか排出しない次世代のエネルギー源として期待されている。また水電解装置は、水を電気分解し、水素と酸素を発生させる装置。

触媒層付き膜「Catalyst Coated Membrane(CCM)」は触媒層と電解質膜からなる燃料電池用電極膜。膜・電極接合体「Membrane Electrode Assembly(MEA)」は触媒層と電解質膜とガス拡散層からなる燃料電池用膜電極接合体。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.