> > 日本と中国、気候変動政策など議論 排出量取引なども意見交換

日本と中国、気候変動政策など議論 排出量取引なども意見交換

 印刷 記事を保存

環境省は9月12日、中国・北京で9月6日・7日の2日間に渡って行われた「気候変動に関する日中政策研究ワークショップ」の結果報告を行った。

このワークショップは、気候変動対策に関する研究面からの知見について、両国の研究者が意見交換を行うためのもの。環境省の支援により地球環境戦略研究機関(IGES)と中国国家発展改革委員会エネルギー研究所(ERI)が協力して開催した。

議題は、中国と日本の気候変動政策の現況、長期戦略の策定状況、2020年以降の透明性枠組みや、5年ごとにパリ協定の世界全体の実施状況を確認する仕組みであるグローバルストックテイク枠組みのあり方、低炭素都市構築に向けた日中韓共同研究等。

特に、中国で2017年秋から導入が予定されている排出量取引制度について活発な意見交換がなされ、両国は低炭素都市構築に向けた共同研究の実施を確認した。議題ごとの結果の概要は次の通り。

(※全文:1714文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.