> > 2014年のエネルギー白書 電気料金の上昇分、教養・娯楽への支出が減少

2014年のエネルギー白書 電気料金の上昇分、教養・娯楽への支出が減少

 印刷 記事を保存

政府は14日、平成26年度のエネルギー白書を閣議決定した。この白書では、米国の「シェール革命」で大きく変化する世界のエネルギー安全保障環境の分析と、日本におけるエネルギーコスト上昇の状況および政府の対応について紹介している。

震災後の電気料金、家庭用は約25%、産業用は約40%上昇

日本では、東日本大震災以降、原子力発電所が停止し、火力発電所の稼働率上昇に伴う火力燃料費の増大などにより、電気料金は、家庭用が約25%、産業用が約40%上昇した。

エネルギー関連の消費者物価指数の上昇により、電気代等への家計における支出額が大きく増加し、教養娯楽への支出が減少するなど、家計の支出パターンにも影響があらわれていると指摘する。また電気代の負担は、年間収入が低いほど、世帯主の年齢が高いほど負担が大きいことも家計の支出状況から明らかになっている。

(※全文:1,533文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.