> > ジャトロファのバイオ燃料生産プロジェクト 石川県で5年間の成果発表会

ジャトロファのバイオ燃料生産プロジェクト 石川県で5年間の成果発表会

 印刷 記事を保存

金沢工業大学は、モザンビークにおいて、バイオ燃料の持続的生産に向けて、農業に向かない土地を活用してバイオ燃料原料となる植物(ジャトロファ)の栽培等に取り組んできたプロジェクトについて、これまでの成果を発表するプレシンポジウムを7月23日に開催する。

本プロジェクトは、JST(科学技術振興機構)とJICA(国際協力機構)共同実施事業「地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS)」に2010年に採択された「モザンビークにおけるジャトロファバイオ燃料の持続的生産」(5年間)。

東京大学、金沢工業大学、久留米大学、日本植物燃料、アフリカ開発協会が、モザンビークのエドワルド・モンドラーネ大学(UEM)と協同で、農産物栽培に適さないモザンビーク南部の乾燥地域でジャトロファという植物の栽培を試みるもの。

(※全文:1,500文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.