> > 都市ガス事業者が電力も販売する動き 中部電力・国際石油開発帝石が提携

都市ガス事業者が電力も販売する動き 中部電力・国際石油開発帝石が提携

記事を保存
都市ガス事業者が電力も販売する動き 中部電力・国際石油開発帝石が提携

中部電力および国際石油開発帝石(INPEX)は21日、電力の小売全面自由化に向け、都市ガス事業者に対する電力卸販売で提携すると発表した。

今後、中部電力グループが保有する電力販売ノウハウとINPEXが持つ販売チャネルを活用し、現在、INPEXが天然ガスを供給している都市ガス事業者を対象に電力卸販売の共同提案を実施していく。

両社は同日、電力卸販売の共同実施に向けた基本合意書を締結した。この合意書は、中部電力および中部電力の子会社であるダイヤモンドパワー(DPC)、INPEXが、都市ガス事業者へ電力を卸販売し、同事業者が電力小売事業を実施する際の役割を取り決めたもの。

中部電力およびDPCは、電源調達・需給監視業務などを担う。INPEXは都市ガス事業者のニーズに対応する調整窓口を担う。都市ガス事業者は、小売電気事業者登録した上で、順次顧客へ電力を販売する。DPCおよびINPEX、都市ガス事業者の3社で、電力卸販売に関する契約を結ぶ予定。

中部電力およびINPEXは、電力・ガスの小売全面自由化に向け、エネルギーに関する顧客の多様なニーズに柔軟に対応する体制を整備していく。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.