> > 中小企業の省エネ機器導入に新たな補助金 LED照明やボイラ設備などが対象

中小企業の省エネ機器導入に新たな補助金 LED照明やボイラ設備などが対象

記事を保存

低炭素エネルギー技術事業組合は、工場や業務用ビル等の事業所におけるCO2削減ポテンシャル診断事業を受け、省エネ機器を導入する中小事業者を対象とした補助事業の公募を開始した。

この事業の名称は「経済性を重視した二酸化炭素削減対策支援事業のうち中小事業所における低炭素機器導入事業」。対象事業所は、民間企業やその他の法人、自治体などで、下記のいずれかの事業において、二酸化炭素排出削減ポテンシャル診断を受診している事業者であること。

  1. 平成25年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金
    「温室効果ガス排出削減による中小事業者等経営強化促進事業」
  2. 平成27年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金
    「経済性を重視した二酸化炭素削減支援事業」

この条件にあてはまる事業者で、さらに下記の条件を満たす事業者を支援する。

  • 直近年度における二酸化炭素の年間排出量が50トン以上3,000トン未満の事業所を持つ事業者。
  • 診断の提案に基づき、LED照明やその他の低炭素機器の導入や、燃焼設備の空気比の調整や、ボイラの燃焼空気比改善などの運用改善対策を実施する事業者
  • 二酸化炭素の年間排出量を10%以上削減できる事業者

補助対象となる経費は、低炭素機器を導入するための工事費や付帯工事費、機械器具費、測量及試験費、設備費、事務費。

補助金は、中小企業者の場合は補助対象経費の2分の1、それ以外は補助対象経費の3分の1で、いずれも上限額は3,000万円までで交付される。

公募期間は、2015年8月3日から8月31日まで。また、公募説明会は7月27日から7月30日までの期間、東京、名古屋、大阪、仙台、広島、福岡、札幌の各地で行われる予定だ。詳細は同組合のホームページに記載されている。

【参考】
環境省 - 平成27年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金に係る公募・説明会開催

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.