> > 愛知県、30000平米の土地を借りたい太陽光発電事業者を募集

愛知県、30000平米の土地を借りたい太陽光発電事業者を募集

記事を保存

愛知県は、市民ファンドを活用して、豊川浄化センター(愛知県豊橋市)土地の貸付による太陽光発電を行う発電事業者を募集する。

これは、県有財産の有効活用、環境負荷の低減および東三河地域の振興を目的として行うもの。本事業の実施に要する経費の全部または一部の資金調達を、市民ファンドを活用した方法とする。なお、貸付による収益は豊川流域下水道事業に充当する。

企画提案書の受付期間は9月14日~18日。10月上旬に事業者を決定する。7月30日に豊川浄化センターにて事業説明会(午前)、現地説明会(午後)を開催する。参加希望者は7月28日正午までに東三河建設事務所へ申込みが必要。

貸付面積

約30,000平方メートル(最大可能面積40,000平方メートル)

最低貸付料単価

1平方メートル当たり年100円。なお、事業者は、貸付料のほかに、県が豊橋市に対して支払う国有資産等所在市町村交付金相当額(固定資産税相当額)を県に支払うものとする。

貸付期間

売電期間(20年間)および設備の設置・撤去工事に要する期間

応募者に必要な資格

法人に限る

東三河県庁では、地元市町村や経済団体、大学などで構成する東三河ビジョン協議会が策定した「東三河振興ビジョン」の取り組みの一つとして、再生可能エネルギーの導入を推進している。

【参考】
愛知県 - 豊川浄化センターの県有財産(土地)の貸付による太陽光発電事業者募集について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.