> > XSOL、陸屋根用の風に強い架台を発売 出力制御補償も提供開始

XSOL、陸屋根用の風に強い架台を発売 出力制御補償も提供開始

記事を保存
XSOL、陸屋根用の風に強い架台を発売 出力制御補償も提供開始

エクソル(京都府京都市)は7月27日、風に強く設置が容易な陸屋根専用置き基礎架台「X-5(エックスファイブ)」の販売を開始した。

本製品は、設置角度5度、総高さ19cm以下という低角度、低背設計で、建物の外観を損なわずに設置できるだけでなく、並べて設置しても隣接する太陽電池モジュールに影響を及ぼすような影ができにくいのが特長。架台自体が防風板を兼ねているので、別途防風策が不要。ウエイトとなるコンクリートブロックの数を通常の1.6倍にすれば基準風速44m/sの地域でも設置できる。

低角度・低背構造で外観を損なわず、風にも強い

低角度・低背構造で外観を損なわず、風にも強い

設置場所は、オフィスビルや公共施設、陸屋根住宅を想定。設置は、滑り止めシートとレールを配置し、コンクリートブロックを置いて太陽電池モジュールを押え金具で留めれば完了する。屋根に与える影響も少ないので、防水層を傷つけることがなく、万が一の移設・撤去・再利用も容易。

これに先がけ同社は7月23日、出力制御によって生じた売電収入の損失を補償する「XSOL出力制御補償」の提供を開始した。これは、万が一出力制御が適用され、顧客に売電収入の損失が発生した場合でも、その金額を補償するもの。

補償対象

同社が提供しているシステム保証の認定を受けた同社指定モジュールを使用する50kW未満の太陽光発電システム

補償期間

10kW未満/設置完了日より10年間
10kW以上50kW未満/設置完了日より20年間

補償内容

出力制御時間が同社指定の免責時間を超え、顧客の売電収入に損失が発生した場合、同社が補償する。顧客は補償料を負担することなく、経済産業省が定めた一般電気事業者の買取価格(調達価格)に免責時間超過分とパワーコンディショナの定格出力を乗じた金額が補償額として受け取れる。

さらに、太陽光発電システムの長期運用を支える、同社オリジナルのシステム保証も充実させた。

システム保証

同社が設計・販売した太陽光発電システムに対して、「XSOLプレミアム保証」(有償)、「XSOL50+保証」、「XSOL住宅用保証」の3種類の保証を用意している。「XSOL50+保証」は50kW未満のシステム向けで(10kW未満は野立て、陸屋根、折板屋根に限る)、「XSOL 住宅用保証」は10kW未満の住宅傾斜屋根に設置されたシステム向け。期間はそれぞれ10年間だが、「XSOLプレミアム保証」であれば15年になり、保証も充実した内容になる。

エクソルは、太陽光発電システム(住宅用、産業用)の設計・施工・販売・運転管理・保守管理などを手がけている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.