> > 京都に完全人工光型植物工場 水資源98%リサイクル・独自LEDでコスト3割減

京都に完全人工光型植物工場 水資源98%リサイクル・独自LEDでコスト3割減

 印刷 記事を保存

スプレッド(京都府京都市)は、育苗から収穫までを完全自動化した日産3万株の完全人工光型植物工場の建設プロジェクトを開始した。

これは、グローバル展開を見据えた環境対応と低コストを実現させた同社開発の「Vegetable Factory™」事業展開の第2弾。環境面では、工場内で栽培に使用する水の98%をリサイクル可能にしたり、世界中のあらゆる環境下で安定生産が可能な栽培環境制御技術を開発した。コスト面では、同社専用のLED照明と独自の空調システムを開発し1株あたりのエネルギーコストを30%削減、1株あたりの初期投資コストを25%削減、栽培工程の完全自動化で人件費を50%削減するなどし、単位体積あたりの生産性が従来の亀岡プラント(京都府亀岡市)と比較し約2倍に向上した。

(※全文:1,116文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.