> > ケイ・オプティコムも電力ビジネス参入 地元関西で「通信+電気」を展開

ケイ・オプティコムも電力ビジネス参入 地元関西で「通信+電気」を展開

記事を保存
ケイ・オプティコムも電力ビジネス参入 地元関西で「通信+電気」を展開

ケイ・オプティコム(大阪府)は、2016年4月から電力小売が全面自由化されることを契機に、電力小売事業に参入すると発表した。

同社は、これまで、関西を中心に、独自の光ファイバーネットワークを活用した「eo光ネット」「eo光電話」「eo光テレビ」や、携帯電話サービス「mineo(マイネオ)」などの事業を展開してきた。

新規参入する電力小売事業のサービス名称は、「eo(イオ)電気」。同社の主力商材である「eo光」サービスから、「eo」ブランドの名前を使用する。

料金やプランなどサービス内容の詳細や具体的な事業計画については、今後検討していく。また、同サービスの特設サイトを9月にオープンする予定で、予告サイトは既に開設されている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.