> > パナソニック、曲面の静電タッチパネル量産化 車載端末のデザイン・操作性向上

パナソニック、曲面の静電タッチパネル量産化 車載端末のデザイン・操作性向上

記事を保存
パナソニック、曲面の静電タッチパネル量産化 車載端末のデザイン・操作性向上

パナソニックは、車室内のコックピットのデザイン性とパネルの操作性の向上に貢献する、車載用「静電容量方式 曲面タッチパネル」を量産すると発表した。

この製品は、樹脂製カバーパネルと高感度フィルムセンサ一体型の曲面タッチパネルで、カーナビゲーションシステム(カーナビ)やディスプレイオーディオなどの表示画面に適している。

操作性向上、曲面形状、カバーパネル付のニーズに対応

スマートフォン、タブレットなどのモバイル端末には、軽快な操作性を実現する静電容量方式のタッチパネル(静電タッチパネル)が搭載され普及している。カーナビやディスプレイオーディオにも同様の操作性が求められ、静電タッチパネルの採用が進みつつある。

また、車内のコックピットのデザイン性が重視される中、表示画面に使用される静電タッチパネルには従来のフラット形状から曲面形状へのニーズが高まっている。さらに、タッチパネル単体ではなく、カバーパネル付きのタッチパネルとしての供給が求められている。

主な特長

この製品の特長として、前述のとおり、樹脂製カバーパネルと高感度フィルムセンサ一体型の曲面タッチパネルで、車内のコックピットのデザイン性向上への貢献、そして、入力スイッチ類を簡単に実装できる穴あき成形を施し、顧客の設計の簡素化への貢献/高感度フィルムセンサにより、手袋での操作や、マルチタッチ(複数のポイントに触れても同時に感知できる)対応で操作性向上への貢献/車載向けに適した高い視認性と信頼性の実現、をあげる。

新技術で曲面デザインや穴あき成形を実現

同社では、プラスチック樹脂製カバーパネルを高精度に形成できる「射出圧縮成形技術」と「ヒート&クール成形プロセス技術」を開発。従来のガラス製カバーパネルでは難しい曲面デザインや穴あき成形を実現している。これにより、センターコンソール(運転席と助手席の間にあるスイッチ類が収められている部分)やインストルメントパネル(車室内前方の装備部分の総称)などにフィットする曲面タッチパネルや、予め穴あき加工を施した樹脂製カバーパネル付きでの提供を可能とした。

プラスチック樹脂製カバーパネルながら高感度のタッチパネル

同社では独自の電極パターン設計とセンシング制御技術の融合で、高感度フィルムセンサを開発、プラスチック樹脂製カバーパネルながら高感度のタッチパネルの量産化に成功した。

車載向けに適した高い視認性と信頼性

耐湿、高温、熱衝撃特性などの高い信頼性を確保しつつ、樹脂製カバーパネルと高感度フィルムセンサを積層できる独自の真空貼り合わせ工法技術を開発。フィルムセンサの上下電極間、およびカバーパネルとセンサ間は、OCA(透明な粘着材)を用いた気泡レスの貼り合わせにより、高透過、低反射による高い視認性を実現している。さらに、防眩、反射防止、防汚などのコーティング処理を合わせることで、防眩性(映り込み防止)、低反射、およびタッチ面への指紋付着防止が図れる。高い視認性の実現により、外光の影響を受けやすい車載向けに適した曲面タッチパネルを実現した。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.