> > 国内初の「洋上風況マップ」、2016年度末に完成予定

国内初の「洋上風況マップ」、2016年度末に完成予定

記事を保存
国内初の「洋上風況マップ」、2016年度末に完成予定

NEDOは、新たな「洋上風況マップ」を作成する事業の委託先として、産業技術総合研究所、神戸大学、アジア航測、風力エネルギー研究所を採択したと発表した。

同事業は、銚子沖と北九州市沖でNEDOが行っている洋上風況観測実証事業で得た気象・海象データを踏まえ、風況情報や、水深および海底地質等の環境情報、航路等の社会環境情報など、洋上風力発電を計画する上で必要な情報を一元的に把握できるマップを作成するもので、国内で初めての試みとなる。

このマップは、2015年度末を目処にデモ版が、2016年度末に完成版が公開される予定だ。

風力発電の導入拡大に向け、洋上風力発電の増加が期待されるが、陸上風力発電に比べてコストが高いことなどから、事業性を判断する上で精度の高い風力ポテンシャルマップが必要とされてきた。NEDOは、このマップの作成により、洋上風力発電事業者への基礎情報の提供や、ファイナンス、保険など様々な場面での活用を見込み、洋上風力発電の事業化加速を促進したい考えだ。

同事業名称は「洋上風況観測システム実証研究(洋上風況マップ)」で、事業予算は2.5億円。

【参考】
NEDO - 新たな「洋上風況マップ」を作成へ
NEDO - 「洋上風況観測システム実証研究(洋上風況マップ)」に係る実施体制の決定について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.