> > 横浜市、市有地を借りて水素ステーションを建設・運営する事業者を募集

横浜市、市有地を借りて水素ステーションを建設・運営する事業者を募集

 印刷 記事を保存

横浜市は、市が所有する駐車場跡地を借りて水素ステーションを建設、運営・維持管理を行う事業者を募集する。

事業内容は、横浜市内の対象地で固定式オフサイト方式水素ステーションの整備・運営を行うこと。固定式とは充填性能に直接関わる設備が移動せず、敷地内に固定している水素ステーションのことであり、オフサイト方式とは水素製造設備を敷地内に有さない方式のことである。

対象事業者は、次世代自動車振興センターが行う「水素供給設備整備事業費補助金(燃料電池自動車用水素供給設備設置補助事業)」または、環境省が行う「二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(地域再エネ水素ステーション導入事業)」の交付決定を受けている者であること。

(※全文:703文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.