> > 地方自治体が「廃棄物エネルギー」をうまく活用するには? 調査事業者募集

地方自治体が「廃棄物エネルギー」をうまく活用するには? 調査事業者募集

 印刷 記事を保存

環境省は、廃棄物エネルギーを活用して地域振興・低炭素化を実現する市町村の将来像について、調査・検討する事業者を一般競争入札によって募集する。

この事業の名称は「平成27年度 地域課題適応型廃棄物エネルギー利活用による低炭素化推進実現可能性調査」。概要は下記の通り。

業務内容は2種類

(1)廃棄物エネルギー利活用による低炭素化の将来像の検討

人口減少・高齢化の急速な進行・財政の逼迫といった課題を有し、ごみ焼却施設を設置あるいは維持することが困難な市町村等に対して、廃棄物エネルギーの利活用により地域の振興とともに低炭素化を図るためにはどんな将来像が有り得るか、検討し、複数の選択肢(3~5パターン程度)を提示すること。また、具体的には以下の事項について検討すること。

(※全文:1,304文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.