> > バイオマスボイラーの焼却灰、セメントで固めたら「疎水材」に使えることが判明

バイオマスボイラーの焼却灰、セメントで固めたら「疎水材」に使えることが判明

記事を保存
バイオマスボイラーの焼却灰、セメントで固めたら「疎水材」に使えることが判明

日本製紙(東京都千代田区)は、バイオマスボイラーの焼却灰から製造した再生骨材を暗渠(あんきょ/地中に設置される水路)の疎水材に適用する新しい技術が、北海道農業土木協会賞奨励賞を受賞したと発表した。

今回受賞したのは、北海道上川総合振興局南部耕地出張所、北海道農業近代化技術研究センターと共同で、第31回農業土木新技術検討報告会で発表した「再生骨材(焼却灰固化体)の暗渠疎水材としての適性評価」。本賞は、北海道の農業農村整備事業の推進と農業土木、事務および技術の向上に大きな実績があり、寄与した者、または、寄与すると認めた者に贈られる賞。

再生骨材を用いた暗渠排水工事

再生骨材を用いた暗渠排水工事

日本製紙の北海道工場旭川事業所では、バイオマスボイラーから排出される焼却灰をセメントで固めて再生骨材を製造し、道路の凍上抑制層などに使用していた。暗渠疎水材として使用された実績はなかったが、同出張所が主体となり、再生骨材の有効活用と暗渠整備費の削減を目的に、2012年~2014年に再生骨材の暗渠疎水材としての適性調査を実施し、同社は同事業所で製造した再生骨材を提供した。その結果、再生骨材は現行の木材チップと同等以上の排水能力を持つこと、排水の水質や作物収量等にも影響しないことを確認し、今年7月から暗渠疎水材として再生骨材の出荷を開始した。

再生骨材は、解体したコンクリート塊などを原材料に、破砕、磨砕、分級などの処理をして製造されたコンクリート用骨材の総称。同事業所では、バイオマスボイラーから排出された焼却灰に、セメント、砂利、水を加えて混練、振動加圧成型機で成型したものを乾燥・養生、破砕して再生骨材を製造している。この再生骨材は、凍上抑制層(凍結防止のために路床に敷かれる層)や路盤材、盛土・埋戻しなどに使用されている。

暗渠の断面(イメージ)

暗渠の断面(イメージ)

暗渠は、泥炭地域など水はけが悪い農地で、水はけを良くするため、地中に設置される水路のこと。排水管に向かう通水路を確保するために暗渠疎水材を使用する。暗渠疎水材には、土などの物質が水を通す「透水性」(地中の余分な水を排水管に逃がす)と、圧搾に強く、腐朽しにくい「耐久性」(形状崩れや土砂混入がないことで、通水路を確保する)が求められ、資材としては、木材チップやモミガラ、砕石・砂利などその地域で入手しやすいものが使用されている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.