> > 電気式より35%省エネ、温度制御もできる「ハイブリッド式過熱水蒸気発生器」

電気式より35%省エネ、温度制御もできる「ハイブリッド式過熱水蒸気発生器」

 印刷 記事を保存

中部電力(愛知県名古屋市)、東京ガス(東京都港区)および直本工業(大阪府大阪市)は、食品や自動車工場の生産ラインで加熱や乾燥などに用いられるハイブリッド式過熱水蒸気発生器「ハイブリッドSHS」を共同開発した。11月から直本工業が販売開始する予定だ。

同製品は、電気とガス双方の特長を活かし開発された。今まで両立が困難であった消費電力の抑制と精密な温度制御を両立させ、一次エネルギー消費量は電気式の同機器に比べて約35%低減できる。

(※全文:728文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.