> > 電気式より35%省エネ、温度制御もできる「ハイブリッド式過熱水蒸気発生器」

電気式より35%省エネ、温度制御もできる「ハイブリッド式過熱水蒸気発生器」

記事を保存
電気式より35%省エネ、温度制御もできる「ハイブリッド式過熱水蒸気発生器」

中部電力(愛知県名古屋市)、東京ガス(東京都港区)および直本工業(大阪府大阪市)は、食品や自動車工場の生産ラインで加熱や乾燥などに用いられるハイブリッド式過熱水蒸気発生器「ハイブリッドSHS」を共同開発した。11月から直本工業が販売開始する予定だ。

同製品は、電気とガス双方の特長を活かし開発された。今まで両立が困難であった消費電力の抑制と精密な温度制御を両立させ、一次エネルギー消費量は電気式の同機器に比べて約35%低減できる。

開発品の構造

開発品の構造

「過熱水蒸気」とは、100度以上の高温の水蒸気で、加熱調理時に無酸素状態で食品のうま味を閉じ込めることによる風味向上効果や、金属や樹脂・セラミック等の非金属を短時間で加熱できるといった特長があり、工場や家庭のオーブン等で利用が拡大されている。

工業用途で用いる過熱水蒸気発生器は主に電気式とガス燃焼式があり、電気式の場合は精密な温度制御が可能だが、消費電力が大きく、一方でガス燃焼式の場合はランニングコストが小さくなるが、温度制御性が課題だった。

具体的な技術開発のポイントは下記の通り。

  1. メタルニットバーナを採用し、効率的に燃焼排ガスと飽和水蒸気が熱交換できるようバーナ形状を新たに考案した。
  2. ガスユニット内の蒸気配管を二重らせん構造にすることで、伝熱面積を確保しつつコンパクト化を実現した。
  3. 低負荷運転時は電気ヒータで単独運転し、中負荷・高負荷運転時はガスバーナと電気ヒータを併用で運転する等、設定温度に合わせ最適な運転割合で高精度温度制御と消費電力削減を両立する制御を開発した。
(写真左)食品工場向け大容量オーブン、(写真右)調理イメージ(鶏・鯖)

(写真左)食品工場向け大容量オーブン、(写真右)調理イメージ(鶏・鯖)

同製品は、食品工場や自動車工場等を対象に、オーブン等の工業用加熱装置に組み込み使用される。価格は約300万円で、組み込む装置により異なる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.