> > 下水道ってあったかい!滋賀県が下水熱を集めて工場へ供給する研究スタート

下水道ってあったかい!滋賀県が下水熱を集めて工場へ供給する研究スタート

記事を保存
下水道ってあったかい!滋賀県が下水熱を集めて工場へ供給する研究スタート

滋賀県は、積水化学工業、関西電力、日水コンからなる共同研究体と、県下の複数の自治体の下水を集めて処理等行う「流域下水道管路」の下水熱を、工場等の産業用施設への熱供給に利用するための共同研究を実施すると発表した。

熱源を流域下水道管路内の下水とし、下水熱の利用対象を産業用施設とした下水熱利用について官民で共同研究を実施するのは、全国で初めての取組みとなる。

流域下水道管路は複数の自治体にまたがることから、大規模な管路が設置されることが多く、熱のポテンシャルも大きいため、管路近隣の施設や工場等において、給湯や空調、製造プロセス等で多量の熱を利用することが可能となる。

滋賀県は産業用施設が多く存在する。工場の製造プロセスには、温水や蒸気を利用する工程があり、高効率な下水熱の温度差エネルギーをヒートポンプシステムで活用することにより、大幅な省エネ・省CO2効果が見込まれる。

滋賀県が流域下水道に関する新技術開発を公募

今回、滋賀県は、下水道施設等を利用した企業等の新技術開発支援を行うため、共同研究課題を募集し、この度、上記共同研究体から提案のあった下水熱利用に関する共同研究の申請について承諾した。

共同研究の実施期間は、9月3日(滋賀県からの承諾日)より2016年3月31日まで。2014年度は机上で検討し、実機の設置については、この研究結果を踏まえ、次年度以降に実施を検討する予定。

実施内容は、1.流域下水道事業の特性の整理、2.製造プロセス分野における下水熱の需要家(実機試験の受入先)探索、3.熱利用先を想定した事業可能性検討と評価(環境性・経済性)、4.事業スキームや料金設定に関する検討。

流域下水道管路内を対象とした下水熱事業について

下水の水温は年間を通して安定しており、大気温に比べ冬は暖かく夏は冷たい特質を有している。この温度差エネルギーを冷暖房や給湯等に利用することにより、省エネおよび温室効果ガス排出削減を図ることができる。

これまでの下水熱事業は、法律上の規制により、民間事業者による事業エリアが制限されていたことや、管路内における熱回収技術が確立されていなかったことから、主に自治体が下水処理場やポンプ場周辺で実施していた。また、熱供給についても、主にこれらの周辺にある自治体関連の業務用施設に対して行っていた。

この共同研究は、法改正による規制緩和や熱回収技術の進歩を踏まえ、これまで未利用だった流域下水道管路内の下水を熱源として活用し、多量の熱を使う民間の工場等、産業用施設への熱供給を前提とした事業可能性の検証を行うもの。

各者が保有する技術・ノウハウを結集し、具体的な下水熱利用先を想定した事業可能性を検討することにより、下水熱利用の促進を図るもので、滋賀県が推進するエネルギー地産地消や再生可能エネルギー導入にも資するものである。

近年管路での実績も徐々に増えてきており、積水化学工業では、2012年度に国土交通省の下水道革新的技術実証事業(B-DASH)において大阪市、東亜グラウト工業と実証実験を実施したほか、2013年度には仙台市との共同研究により、実管路での下水熱利用を実施している。

【参考】
滋賀県 - 滋賀県と民間企業3社との下水熱利用の共同研究を実施します。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.