> > 鬼怒川の堤防決壊、犯人扱いされた太陽光発電事業者が「濡れ衣」と訴え

鬼怒川の堤防決壊、犯人扱いされた太陽光発電事業者が「濡れ衣」と訴え

 印刷 記事を保存

記録的な豪雨により茨城県常総市若宮戸地区で鬼怒川が氾濫したのは、「川沿いに太陽光発電を設置した事業者が自然堤防を掘削したことが原因のひとつ」と報じられていることを受けて、12日、千葉県の太陽光発電事業者、ソーラーエナジーインヴェストメント株式会社が「自分たちが原因でない」とする見解を発表した。

同社は、同地区に「常総市若宮ソーラー発電所」を所有する。そのため、一部のメディアの報道では、社名の記載はないまでも、同社が鬼怒川氾濫の原因と作ったと誤解を生むのではないかと考えて、今回の発表に踏み切った。

同社によると、所有する発電所の事業用地は、自然堤防の外側にあり、購入時より形状が比較的低地の平らな状態であり、その購入後も土地の形質変更は行っていない。

(※全文:1,215文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.