> > フランスの「消費量を上回るエネルギーを生み出すビル」、実証運転スタート

フランスの「消費量を上回るエネルギーを生み出すビル」、実証運転スタート

記事を保存
フランスの「消費量を上回るエネルギーを生み出すビル」、実証運転スタート

NEDOは、フランスのリヨン市で取り組んでいるスマートコミュニティ実証事業において、「HIKARI(ヒカリ)ビル」の実証運転を開始した。同事業は東芝がNEDOより委託を受け実施している。また、建設はフランスの大手建設会社のブイグ社が請け負った。

このビルは、リヨン市再開発地域内に新設された、オフィス・住居・店舗からなる複合ビルだ。同ビルに太陽光発電蓄電池、冷水蓄熱用蓄熱物質などの蓄エネ機器、蓄電池などの省エネルギー機器を設置しエネルギーマネジメントシステム(EMS)で統合管理することにより、エネルギー消費量を10%以上削減し、消費量を上回るエネルギーを生み出すポジティブ・エナジー・ビルディング(PEB)としての実証を行う。

HIKARIビルに導入した機器

HIKARIビルに導入した機器

ビルのオフィスおよび共用部には、BEMSを、住居部分には東芝が開発したHEMS「OMOTENASHI HEMS™」を導入し、いずれも、画像人感センサーを用いて、空調機・照明・ブラインドを在室状況や日照状態に応じて細かく機器を制御する機能でPEBの実現を検証する。

【参考】
NEDO - 仏リヨン市でポジティブ・エナジー・ビルディングの実証運転を開始

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.