> > 「市民ファンド」+「屋根貸し太陽光発電」 神奈川県が実施者を公募

「市民ファンド」+「屋根貸し太陽光発電」 神奈川県が実施者を公募

記事を保存
「市民ファンド」+「屋根貸し太陽光発電」 神奈川県が実施者を公募

神奈川県は、新たに発電事業者が市民ファンドを活用して、県民から出資を募って事業資金の一部を調達することを条件とした太陽光発電事業の事業者を公募する。

事業概要

県は県有施設の屋根を貸し、借りた事業者は太陽光発電設備を設置して発電事業を行い、屋根の使用料を支払う。

対象施設

今回の「屋根貸し」対象となる施設は、産業技術短期大学校本館B棟(横浜市旭区中尾2-4-1)。屋根面積は約600平方メートル、想定設備容量は50kW程度。事業期間は最長20年。

事業における条件

今事業の場合は、事業者は、太陽光発電設備を設置する費用を調達する際に、一部は市民ファンドを活用し、広く県民からの出資を募って調達すること。県民は、この市民ファンドの仕組みを活用することにより、少額の出資で太陽光発電事業に参画することができ、配当金の分配も期待できる。

公募概要

希望者は事業計画書を作成し、規定の期日までに神奈川県産業労働局地域エネルギー課まで提出すること。なお、事業計画書には、太陽光発電設備の仕様および設置工法や資金調達計画だけでなく、市民ファンドによる資金調達方法・調達額・一口当たり出資額等も記載すること。

公募期間

公募期間は、2015年9月17日(木)~10月19日(月)まで。選考結果は2015年11月下旬頃に公表される予定。

事業者説明会

2015年9月28日(月)10時から、産業技術短期大学校にて開催される。事前参加申込は不要。

【参考】
神奈川県 - 市民ファンドを活用した「屋根貸し」太陽光発電事業の発電事業者の公募について

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.