> > 国産材からすごいバイオマス素材を作る技術 「森林科学分野のノーベル賞」受賞

国産材からすごいバイオマス素材を作る技術 「森林科学分野のノーベル賞」受賞

 印刷 記事を保存

NEDOは、東京大学大学院農学生命科学研究科磯貝明教授らが、アジアで初めてマルクス・ヴァーレンベリ賞を受賞し、9月28・29日にスウェーデン・ストックホルムで授賞式が行われたと報告した。

マルクス・ヴァーレンベリ賞は、森林・木材科学分野におけるノーベル賞とも呼ばれる権威ある賞である。今回の受賞は、国産未利用針葉樹材から得られる木材セルロースから、TEMPO酸化触媒(※1)を用いて高効率にセルロースシングルナノファイバー(CSNF ※2)を生成する革新的な研究等によるもの。NEDOプロジェクトでは、CSNFの産業応用に取り組み、本分野における世界的な研究拡大の先駆けとなった。

(※全文:1,318文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.