> > 商品・商品券に交換できる「省エネ住宅ポイント」 残り予算20%を切る

商品・商品券に交換できる「省エネ住宅ポイント」 残り予算20%を切る

記事を保存

国土交通省は、省エネ住宅ポイント申請実施率(交付率)が10月9日時点で、80%を超えたことを発表した。

同制度は、「エコ住宅の新築」と「エコリフォーム」に対して、1ポイントあたり1円に相当する価値をもつ「省エネ住宅ポイント」が、条件に応じて30~45万ポイントが付与される制度。付与されたポイントは省エネ・環境配慮に優れた商品(エコ商品、エコ商品券等)、地域振興に資するもの(地域商品券、地域商品、復興支援商品)、全国で使える商品券・プリペイドカードなどに交換できるほか、寄付や追加の工事費用などに充当できる。

制度の詳細は下記の通り。

対象となるエコ住宅

下記の01.から05.にあてはまり、新たに建築する注文住宅・分譲住宅および、新築の建て売り住宅。

  1. 省エネ法のトップランナー基準相当の住宅
  2. 一次エネルギー消費量等級5の住宅
  3. 一次エネルギー消費量等級4の木造住宅
  4. 断熱等性能等級4の木造住宅
  5. 省エネルギー対策等級4の木造住宅

対象となるエコリフォーム

下記01.~03.のいずれかの改修工事(一括申請は01.02.のいずれかの改修工事)。04.の耐震改修を行う場合は、1戸当たり45万ポイントが付与上限ポイントとなる。

  1. 窓の断熱改修
  2. 外壁、屋根・天井又は床の断熱改修
  3. 設備エコ改修
    太陽熱利用システム・節水型トイレ・高断熱浴槽・高効率給湯機・節湯水栓のうち3種類を設置する工事
  4. 上記いずれかとあわせて実施する、バリアフリー改修・エコ住宅設備(2種類以下)・リフォーム瑕疵保険への加入・耐震改修工事
  5. 上記いずれかと併せて実施する、既存住宅購入時のリフォーム

同ポイント制度の受付期間は2015年3月10日から11月30日までだが、予算(905億円)に達した時点で申請受付を終了する。なお、ポイント申請の実施率(交付率)は、ウェブサイト上で毎日更新されている(土日祝日を除く)。

【参考】
国土交通省 - 省エネ住宅ポイントの実施率の公表について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.