> > 電気を100%、光に変換できうる夢の素材 京大・九大がさらに高性能化

電気を100%、光に変換できうる夢の素材 京大・九大がさらに高性能化

 印刷 記事を保存

京都大学化学研究所は、九州大学最先端有機光エレクトロニクス研究センターと共同で、変換効率100%で電気を光に変換できる可能性のある、有機エレクトロルミネッセンス(有機EL)材料の高性能化に成功したと発表した。

有機エレクトロルミネッセンスデバイスは、電気を光に変える素子で、次世代のディスプレイや照明への応用が期待されている。今回開発された新材料は、実際に得られた最大の電気→光変換効率は100%、デバイス内部で生じた光を外部に取り出す割合である外部量子効率は29.6%になった。さらに、簡単なマイクロレンズからなる光取り出しシートを用いた結果、最大で41.5%という極めて高い外部量子効率が得られた。

これまで、従来の蛍光発光型のデバイスでは、デバイスに電気を流して光に変換される励起子(電子と正孔のペア)は25%しかなかった。また、デバイスの中で生じた光のうち70~80%はデバイスの中に閉じ込められてしまい、デバイス外部に取り出せる光は20~30%にとどまっていた。すなわち、電気から外部に取り出せる光への変換効率(外部量子効率)は、最大でも5-7.5%であった。

しかも、今回使用した素材は、これまでの素材と違い、レアメタル・レアアースなどを使用しない。新たに開発された材料DACT−IIの特長は下記の通り。

(※全文:576文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.