> > 有機EL

環境用語集

有機EL【ゆうきいーえる】

有機Electro Luminescence(エレクトロルミネッセンス)の略称。ガラスやプラスチックなどの上に有機物を塗布や蒸着を行ったものに電気を流すことで有機物が光る(発光する)ものやその素子のこと。省電力で輝度が高く、薄いディスプレーやテレビ、面光源の照明などが可能となる。

有機EL照明は蛍光灯など従来の照明と比べて薄く軽いだけでなく、発熱量が低く紫外線や赤外線なども含んでいない。このため目や肌に優しいだけでなく、紫外線での劣化を恐れる古美術などの照明にも適しており、美術館などにも導入されている。また、高いエネルギー利用効率や少ない発熱に加え、水銀を使用しないなど、環境性能でも注目されている。

(NIMS 有機EL材料の電子特性・光学特性の同時測定を大気中で実現より引用)

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.