> > 照明用LEDモジュールの安全基準に関するJISが改正 青色光傷害の評価など

照明用LEDモジュールの安全基準に関するJISが改正 青色光傷害の評価など

 印刷 記事を保存

経済産業省は、一般照明用LEDモジュール安全仕様に関する日本工業規格(JIS)を改正した。

今回の改正では、使用者が組込み形LEDモジュールを独立形LEDモジュールと誤認して使用しないよう、その表示を規定するとともに、光生物学的安全性(光による目や皮膚の障害に対する安全性)に関して、目および皮膚に対する紫外放射の基準や、目に対する近紫外線放射および青色光傷害の評価とその表示について追加した。

改正の目的・背景

LEDモジュールは、新しい電気用品であるLEDランプ、LED照明器具の部品として使用されるもの。LEDを使用した照明装置が急速に普及する一方、安全性の認識が不十分な事業者も少なくなく、消費者保護の観点から、2009年に一般照明用LEDモジュール安全仕様(JIS C 8154)を制定した。

その後、LEDを使用した照明装置の急速な普及や技術の進歩に伴い、新たな形状のLEDモジュールに対応するとともに、照明用ランプ類と同様に光生物学的安全性などの項目を規定する必要が出てきた。そこで、今回、日本工業規格「一般照明用LEDモジュール安全仕様(JIS C 8154)」の安全基準を改訂した。

(※全文:1,694文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.