> > 農研機構「地域バイオマス利用のマニュアル」公開 減化学肥料栽培が可能に

農研機構「地域バイオマス利用のマニュアル」公開 減化学肥料栽培が可能に

 印刷 記事を保存

農研機構は、南西諸島で多く存在するバイオマスである家畜ふん尿と農業集落排水汚泥を堆肥化して、サトウキビ等の減化学肥料栽培を沖縄県金武町で実証し、耕畜連携モデルとなる地域バイオマス利活用のためのマニュアルを作成した。

これらの堆肥やメタン発酵消化液を利用することで、化学肥料を70%以上削減したサトウキビ栽培だけでなく、ソルガムやソバ、野菜等の減化学肥料栽培も可能となる。

実証研究の背景・概要

南西諸島の基幹作物であるサトウキビは、有機物の施用不足などにより収量が著しく低下して問題になっている。また、畜産農家では家畜ふん尿の堆肥化のための水分調整用副資材不足から堆肥化が進まない中で、浄化処理の暫定排水基準を2016年6月末日とする設定期限等から、家畜ふん尿を微生物によりメタンガスを発生させるメタン発酵処理の必要性が高まっている。

そこで、本実証研究では、サトウキビ栽培用の低価格堆肥製造、普及が期待される家畜ふん尿のメタン発酵から排出されるメタン発酵消化液の施肥技術開発、これらを利用した作物栽培を実施し、マニュアルを作成した。

(※全文:803文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.